日本臨床発達心理士会 東京支部のホームページです
研修案内【詳細】

研修のご案内

2009年度 第2回資格更新研修会のご案内
下記のような内容で、「第2回資格更新研修会」を企画いたしました。
多数のご参加をお待ちしております。
<日時>
2009年12月13日(日)
<場所>
筑波大学大塚キャンパス・G204教室
(東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車 徒歩3分) http://www.tsukuba.ac.jp/access/otsuka_access.html
※会場に駐車場はありませんので、お車でのご来場はお控えください。
<参加費>
1講義・1,000円   2講義・2,000円  (当日、受付でお支払ください。)
<受講条件>下記2項目を満たしていることが必要です
  1. 日本臨床発達心理士有資格者であること
  2. 今年度分までの会費(全国士会・支部会費のいずれも)を納めていること

※ 他支部の方の参加もお受けしますが、定員を超える場合は東京支部会員を優先します。
※ 毎回、当日参加の方が多く、資料不足などのご迷惑をおかけしております。
    それを解消するために、事前申し込みを前提とさせていただきます。
<プログラム>
【研修会1】 午前の部・9:30~12:30(受付9:00~9:30)  A区分研修 1ポイント
テーマ: 最近の保育概況と発達支援のポイント
講師: 柴崎正行(大妻女子大学 家政学部児童学科)
要旨: 保育所保育指針の改訂内容をはじめ、保育に関わる臨床発達心理士が、最低限知っておく必要のある最近の保育概況についてお話いただくと共に、それを踏まえた上で、具体的な発達支援の方法についてご講演いただく予定です。
【研修会2】 午後の部・13:30~16:30(受付13:00~13:30)  A区分研修 1ポイント
テーマ: 視覚障害、視知覚障害のある子どもの評価と指導
講師: 佐島毅(筑波大学障害科学系人間総合科学研究科)
要旨: 特別支援教育や幼児期の発達支援において、視覚への配慮をすることが学習面でも、行動形成でも重要であることなど踏まえ、視覚障害、視知覚障害など、視覚に配慮が必要な子どもの評価と具体的な指導について、実際の事例を交えてご講演いただく予定です。

<申し込み方法>
  1. 本サイト内、下記ページよりエントリーしてください。
    (申込み受付は終了しました)

※ 人数確認と当日の資料準備のため、12月7日(月)までにお申し込み下さい。
    席に空きがある場合のみ、当日参加を先着順にお受け致します。
<諸注意・・・必ずお読みください。>
  • IDカード、資格更新研修会参加記録ノート(以下、記録ノート)を必ずご持参下さい。
    お忘れの場合、ポイントは発行できません。
  • 会費納入の確認として、振替払込受領書を記録ノートの後ろに添付していただけると助かります。
  • 事前に記録ノートに必要事項をご記入の上、受付を行って下さい。
    記録ノートは、研修会終了後にお返しいたします。
  • 遅刻者には、ポイントを交付できません。
<会場案内>

<その他 (記録ノート貼り付け用紙)>
資格更新研修会参加記録ノートの枠のサイズを基準に,研究会名称等を付記した用紙を作成しました。
下記のワードファイルに付録として添付しておりますので、使用ください。
(もちろんノートに,直接手書きいただいてもかまいません)
このページの内容を、PDF ファイル、Word ファイルで閲覧・保存・印刷ができます    PDF    Word

ページの先頭へ ↑