日本臨床発達心理士会 東京支部のホームページです
研修案内【詳細】

研修のご案内

「資格更新研修会」 「ネットワーク研修会」 のご案内
下記の要領にて,「資格更新研修会」 「ネットワーク研修会」 を開催いたします。
多数のご参加をお待ちしております。
<開催日時・場所>
●日時:2010年5月30日(日)
●場所:日本大学文理学部 百周年記念館 国際会議場
  最寄り駅
  京王線「下高井戸」or「桜上水」徒歩7~10分
  (アクセス方法はこちら

<参加費>
資格更新研修会のみ 1,000円    ネットワーク研修会は無料
<研修会1  午前の部(9:30~11:30)  資格更新研修会    受付9:00~9:30    A区分研修  0.5 ポイント>
テーマ:思春期・青年期の発達障害の青年への支援についての提言

講師:野沢 和弘(のざわ かずひろ)
プロフィール: 静岡県出身、1983 年毎日新聞社入社、厚生労働省担当、薬害エイズ取材班、児童虐待取材班、障害者虐待取材班キャップなど。社会部副部長、夕刊編集部長を経て2009年4 月から論説委員。社会保障審議会障害者部会委員、元千葉県障害者差別をなくす研究会座長など。
著  書: 「条例のある街~障害のある人もない人も暮らしやすい時代に」(ぶどう社)
「わかりやすさの本質」(NHK出版) 「発達障害とメディア」(現代人文社)
「なぜ人は虐待するのか」(Sプランニング)
「殺さないで~児童虐待という犯罪」「薬害エイズ~奪われた未来」
「福祉を食う~虐待される障害者たち」(毎日新聞社)

<研修会2  午後の部(13:00~16:00)  ネットワーク研修会    受付12:30~13:00    A区分研修  1 ポイント>
東京支部では会員相互の情報交換と主体的な活動を促すために、3つのネットワーク活動を展開しています。
第1回目の研修会は、A~Cのいずれかを選んでご参加ください。
途中での入室・退室はご遠慮ください。レジメの配布も参加者のみとなります。

研修会参加後に、「ネットワーク・メンバー登録」をしていただきます。
研修会に参加できない方で、メンバー登録をご希望の方は、下記までメールにてご連絡ください。


複数のネットワークに所属することも可能ですが、ネットワーク・メンバーは、今後の研修会の企画と運営に主体的にかかわっていただきたいと思います。
ネットワーク研修会のお知らせは2回目以降はHPとメーリングリストでお知らせします。 会員の連絡はメーリングリストで行い、活動の報告は会員向けの掲示板に掲載していきます

A:発達臨床研究ネットワーク 2010年度 第1回研修会
テーマ: 「観察・事例・ナラティヴによる研究の探求  2」
話題提供: 須田  治(首都大学東京  教授)
     「情動からケースをとらえるための理論と方法~変化をとらえる視点~」
東  敦子(のぞみ発達クリニック  所長)
     「家族への暴力と盗みを主訴とする発達障害児への支援プロセス」
要  旨: アスペルガー障害をはじめ、青年期における情動的な人間関係の問題への対応は、行動や認知など 目標設定だけでなく、情動や自己形成などの発達的視点からのアプローチが必要です。臨床実践のデータから、支援や変化のプロセスをどう読み取り、解釈するか、発達臨床から発達心理学への回帰と統合について議論を深め、研究者と実践者の協働の可能性を探ります。
B:子育て・発達支援ネットワーク 2010年度 第1回研修会
テーマ: 「乳幼児期のお子さんを持つ保護者・家族への支援」
話題提供: 藤森寿於美氏(武蔵野市子育てSOS支援センター) ほか1名
要  旨: 乳幼児期に携わる私たちにとって、お子さんへの育児・発達支援だけではなく、家族支援は大切な領域です。一方、現在様々な支援を必要としている家族・家庭が増えています。このため、ひとりや一職種だけでは対応が難しい場合も多くあります。今回は、子ども家庭支援センター、保健センターでの事例を通して、家族が必要としている支援の多様性を知ること、地域の関係機関の機能や他職種の専門性・支援領域を知ること、そして連携方法について意見交換をする中で、私たちの専門性、役割について考えていきたいと思います。
C:特別支援教育ネットワーク 2010年度 第1回研修会
テーマ: 「特別支援教育の今後について考える」
話題提供: 森下由規子(前豊島区立千早小学校通級指導学級担任)
     「在籍学級との連携を視野に入れた通級指導学級での実践」
文京区巡回相談担当者
     「巡回相談の実際~文京区巡回相談より~」
要  旨: 特別支援教育完全実施から3年が経過しました。東京都内では通級指導学級の設置が進み、また、通常の学級への巡回相談システムも構築されつつあります。今回は、巡回相談や通級指導学級の現場で実践されてきた方から話題提供していただき、その現状と課題をおさえつつ、特別支援教育の今後について考える機会としたいと思います。

<受講条件>下記2項目を満たしていることが必要です
  1. 日本臨床発達心理士有資格者であること
  2. 今年度分までの会費(全国士会・支部会費のいずれも)を納めていること

※ 他支部の方の参加もお受けしますが、定員を超える場合は東京支部会員を優先します。
<申し込み方法>
※ 毎回、当日参加の方が多く、資料不足などのご迷惑をおかけしております。
     以上の点を考慮して、事前申し込みとさせていただきます。※申込締切:5月20日

  1. 本サイト内、下記ページよりエントリーしてください。
    ※申込受付は終了しました
<諸注意・・・必ずお読みください>
  • IDカード、資格更新研修会参加記録ノート(以下、記録ノート)を必ずご持参下さい。
    お忘れになった場合は、受講できません。
  • 会費納入の確認として、振替払込受領書を記録ノートの後ろに添付してください。
  • 記録ノートに必要事項をご記入の上、受付を行って下さい。記録ノートは、研修会終了後にお返しいたします。
  • 遅刻者には、ポイントを交付できません。

ページの先頭へ ↑