日本臨床発達心理士会 東京支部のホームページです
研修案内【詳細】

研修のご案内

2010年度 第2回  子育て・発達支援ネットワーク研修会のお知らせ
<研修主旨>
   第2回子育て・発達支援ネットワークでは、講師に狛江市教育研究所の栗原はるみ先生をお迎えし、地域ネットワークの中での子育て・発達支援についてお話いただきます。
   前回の研修会では、「様々なニーズを持つお子さんやご家族に対して、心理士が一人で、また一つの機関で支援・対応することは難しく連携が必要になっている」「相談先はいろいろあっても保護者が一つ一つ動かなければならないことが多い」というお話が出ました。円滑に関係者の連携が行われ、タイムリーにお子さんやご家族への支援につなげていくためには、地域でのネットワークシステムが大切です。また、システムが実働するためには、そこに関わるさまざまな機関、立場の人の力(専門性)、意識、意欲、お互いを知り支え合う姿勢が必要です。今回は、狛江市での取り組みについて、栗原先生よりお話いただきます。狛江市には、保健、福祉、教育の担当者の会議がきっかけとなり、子育て・発達支援に関わるさまざまな機関、いろいろな職種、保護者が一緒に考えていく「サポート狛江」がつくられ、地域の子育てを支援しています。また、子どもに関わる支援ネットワークをマップにした「狛江市 育ちの森」が作成されています。顔が見える形での連携、子どものライフステージに合わせた横の・縦の連携がどのように行われているのでしょうか。狛江市の取り組みを通して、私たちはそれぞれの地域でどのように動き出すことができるのか、今ある地域の資源・ヒューマンパワーをどのように活用していくのかを考えるきっかけにしていきたいと思います。
<参考>
http://www.city.komae.tokyo.jp/
http://www.sapokoma.jp/
<参加条件>下記2項目を満たしていることが必要です
  1. 臨床発達心理士有資格者であること。
  2. 今年度分までの会費(全国士会会費と支部会費のいずれも)をすべて納めていること。
<日程とプログラム>
2011年1月29日(土) 13:00~16:00

タイムスケジュール
13:00~14:00 話題提供  「地域ネットワークの中での子育て・発達支援」  栗原 はるみ氏 (狛江市教育研究所)
14:00~14:30 質疑応答・ディスカッションなど
14:30~15:30 情報交換会
15:30~16:00 全体でのまとめ
 ◆ ネットワーク終了後、希望者の方には、筑波大附属特別支援学校幼稚部の施設見学会を予定しています。

<会場>
筑波大学附属大塚特別支援学校  幼稚部
    東京都文京区春日1丁目5番5号
    (⇒ 筑波大学附属大塚特別支援学校ホームページ・交通案内

<申し込み方法>
  1. 本サイト内、下記ページよりエントリーしてください。
    ※申込受付は終了しました

<受講費>
無料
<資格更新ポイント>
3時間1ポイントです。
このページの内容を、PDF ファイル、Word ファイルで閲覧・保存・印刷ができます    PDF    Word

ページの先頭へ ↑