日本臨床発達心理士会 東京支部のホームページです
研修案内【詳細】

研修のご案内

2011年度 第2回資格更新研修会のご案内
   東京支部では、2011年度第2回研修会を下記の要領で開催いたします。
   今回は第2回研修会「思春期・青年期の発達障害の理解と支援~発達障害から起きる二次障害とその支援~」をテーマに、この問題にご造詣の深い齊藤万比古先生(国立国際医療研究センター国府台病院 児童精神科部長)を講師にお招きしてご講演いただきます。
   臨床発達心理士としての仕事に直接的に関わる内容の研修です。臨床経験の少ない会員の方はもとより、どなたにとっても有意義な研修となることと思います。
みなさまのご参加をお待ちしております。
<開催日時・場所>
●日時:2011年11月27日(日)    9:30~12:30 (受付・9:00~9:30)
●場所:帝京平成大学 池袋キャンパス (豊島区東池袋2-51-4・JR池袋駅東口から徒歩12分)
  ⇒ 帝京平成大学 WEBサイト

<参加費>
  ■ 無料
<受講ポイント>
  ■ A区分研修  1ポイント   ※遅刻者、早退者には、ポイントが交付されません。
<内容>
テーマ: 「思春期・青年期の発達障障害の理解と支援~発達障害から起きる二次障害とその支援~」
講   師: 齊藤万比古  (国立国際医療研究センター国府台病院 児童精神科部長)
要   旨: 発達障害のある児童・生徒の二次障害の複雑化と困難さ、その予防について、ご講義いただきます。
  【講師プロフィール】
1975年千葉大学医学部卒業、医学博士。専門は、児童思春期の精神医学。
著書に「不登校対応ガイドブック」(編)中山書店、
「改訂版 注意欠如・多動性障害(ADHD)の診 断・診療ガイドライン」(編)じほう、
「発達障害が引き起こす二次障害へのケアとサポート」(学研)
「発 達障害が引き起こす不登校へのケアとサポート」(学研)など
<募集要項>
※ 必ず、事前申し込みをしてください。※申込締切:11月17日(木)

  1. 本サイト内、下記ページよりエントリーしてください。
    ※申込み受付を締め切らせていただきました。


<諸注意・・・必ずお読みください>
  • IDカード、資格更新研修会参加記録ノート(以下、記録ノート)を必ずご持参下さい。
    お忘れになった場合は、ポイントは発行できません。
  • 会費納入の確認として、振替払込受領書を記録ノートの後ろに添付してください。
  • 事前に記録ノートに必要事項をご記入の上、受付を行って下さい。
  • 遅刻者、早退者には、ポイントが交付されません。
<その他>
  • 同日、14:00から同会場にて「特別支援教育ネットワーク研修」が開催されます。別途お申し込みください。
  • なお、「子育て・発達支援ネットワーク研修」は、2012年1月、
    「発達臨床研究ネットワーク研修」は、2012年2月に開催が予定されています。
このページの内容を、PDF ファイル、Word ファイルで閲覧・保存・印刷ができます
(PDF・WORDファイルには付録として「記録ノート貼り付け用紙」が掲載されています)
    PDF    Word

ページの先頭へ ↑