日本臨床発達心理士会 東京支部のホームページです
研修案内【詳細】

2017年度 第2回 資格更新研修会(2017年 11月5日)

研修テーマ
ASD児・者の理解と支援
~ 心理職、教員に知っておいてほしいこと ~
研修趣旨

臨床発達心理士(学校に関わる心理職、教員)は、診断されているいないにかかわらず、自閉症スペクトラム障害(以下、ASD)児などの支援を必要としている子どもたちにたくさん出会う。しかしながら、臨床発達心理士を含めた専門家といわれる人たちでも、ASD児などの発達障害についての理解が不十分なために、誤った評価をしたり、子どもの特性に合わない指導や対応をしていることがあり、「熱心な無理解者」になってしまう場合があると言われています。

そこで、今年度第2回目の資格更新研修では、ASD者当事者の片岡聡氏と綿貫愛子氏をお招きし、片岡聡氏からは特別支援学校外部専門員の立場から、綿貫愛子氏からは特別支援教室巡回相談心理士の立場からASD児・者への理解と支援について臨床発達心理士に理解してほしいこと、期待することなどをご講演いただきます。

研修会日時・会場
日時 2017年 11月5日(日) 13:30~16:30
場所 TKPガーデンシティ竹橋  大ホール (千代田区一ツ橋 1-2-2  住友商事竹橋ビル2F)


スケジュール
13:00~ 受付
13:30~ 講義
「心理職、教員に知っておいてほしいこと①  特別支援学校外部専門員の立場から」
(片岡 聡 先生)
15:30~ 講義
「心理職、教員に知っておいてほしいこと②  特別支援教室巡回相談心理士の立場から」
(綿貫 愛子 先生)
16:30 終了
参加申し込み
定員 250名

※他支部の方の参加もお受けしますが、受付開始日が異なります。

参加費 2,000円(当日、会場受付でお支払いいただきます。)
研修区分 (1)区分研修会  1ポイント
受講条件
  • 日本臨床発達心理士有資格者であること
  • 今年度分までの会費を納めていること
申込み 申込み受付は終了しました。
申込締切り 定員になり次第締め切ります
お問合せ メールでのお問合せは下記をクリックください。(東京支部事務局あて)
申込みのキャンセル
お申込み後に参加が出来なくなった場合は、下記「キャンセル受付フォーム」より、必ずご連絡をお願いします。
支部研修会は会員の相互研鑽の場です。
お申込み後、ご連絡なしに参加をキャンセルされますと、会員の参加機会の損失に繋がります。
また、参加人数がわからずプログラム進行や備品の準備がしにくい等、企画者にとっても弊害があります。
なお、キャンセル料が発生する場合もございます。ご理解とご協力をお願い致します。
諸注意
  • IDカードを必ずご持参ください。お忘れの場合、研修ポイントは発行できません。
    (会場にて、バーコードによる会員情報チェックを行います。ノートの提出は不要です。)
  • 日本臨床発達心理士会の2017年度及び以前の会費が未納の方は、研修ポイントの取得ができません。
  • 10分以上の遅刻者、早退者にはポイントが交付されません。
  • 空調に対応できる服装でおいでください。

ページの先頭へ ↑

先頭へ↑