日本公認心理師協会主催 研修会のご案内

2019年07月06日
【掲載担当者】日本公認心理師協会

ペアレント・ケアの必要性とプログラム〜発達障害児・者の家族支援に向けて

発達障害児・者の家族は子育ての課題が大きく、家族はストレスをかかえがちです。学校では文部科学省による特別支援教育が推進され、地域では厚生労働省による地域生活支援事業が推進される中で、家族への支援が大きな課題です。本研修では、家族のストレスマネージメントを通じて、疲弊を防ぐためのケアを考えます。

※1. 本研修は、公認心理師協会が今後認定を検討している『専門分野研修』システムにおける、(福祉分野、教育分野)の研修ポイントとする予定です。

※2. 学校心理士ポイントA、特別支援教育士の研修ポイント申請予定です。

※3. 臨床心理士の参加者が3割以上の場合、臨床心理士の研修ポイント申請予定です。

開催日時 2019年8月4日(日)10:30~16:30
会場 TKP 市ヶ谷カンファレンスセンター(東京都)
講師 髙山恵子(NPO法人えじそんくらぶ代表、臨床心理士)
定員 200名
対象 次のいずれかに該当する方。

1. 本協会会員(必要な会費を納めていること)

2. 非会員(公認心理師・臨床心理士・臨床発達心理士・特別支援教育士・学校心理士等守秘義務のある専門職)

受講費 7,000円
申込方法 日本公認心理師協会ホームページからのWEB申込です。

https://www.jacpp.or.jp/training/