日本臨床発達心理士会 東京支部ホームページ
研修報告【レポート】

2021年度 第1回 資格更新研修会(2021年5月30日)の報告

日程 2021年5月30日(日)13:00~16:00
会場 Zoomウェビナーによるオンライン研修
テーマ 発達障害における感覚処理特性のアセスメントと支援
講師 萩原 拓 先生(北海道教育大学)

今回の資格更新研修会も前年度同様、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、オンラインでの開催となりました。

今回の研修会では、発達障害児者の感覚特性を客観的に把握するための尺度である「感覚プロファイル」日本語版の作成者のお一人である萩原拓先生をお招きして、感覚処理特性のアセスメントおよび支援について話して頂きました。

今回、萩原先生には、感覚過敏といった感覚処理の特性の有無を評価しうる「感覚プロファイル」の背景となる理論についてご説明頂き、「感覚プロファイル」の結果の解釈の仕方、さらに、感覚処理特性に応じた発達障害の子どもたちへの支援方法に加え、環境の整備について、具体例を交えてお話頂きました。他者からは見えない点で理解されにくい感覚の特異性の問題への知識を深めることができました。

後半は、事例を通して、「感覚プロファイル」をほかのアセスメントの結果と組み合わせて、子どもをどのように理解し、どのように支援を展開していくかお話頂きました。参加者からは「感覚特性の尺度について深く学ぶことができた」「今後の支援に役立てるための多くのヒントをいただいた」「子どもたちを見つめるときの視点が広がった」と好評でした。