日本臨床発達心理士会 東京支部ホームページ
研修案内【詳細】

2021年度 第1回 資格更新研修会  【2021年5月30日】

テーマ

発達障害における感覚処理特性のアセスメントと支援

研修趣旨

発達障害当事者の生活適応に感覚処理特性が少なからず影響していることは、ASDの診断基準に感覚特異性が含まれるようになったことからもわかるように、現在の発達障害支援において重要なテーマとなっています。

本研修会では、発達障害当事者の感覚特性を客観的に把握するための尺度である『感覚プロファイル』日本語版の作成者のお一人である萩原拓先生をお招きして、ライフステージや支援の場に固定されない、できる限りユニバーサルな視点で、包括的アセスメントの一部としての感覚処理特性のアセスメントおよび支援について話して頂きます。

さらに、萩原先生には、日々の臨床活動に役立つ、実践的な情報についてもご提供頂けるとのこと、皆様のご参加をお待ちしております。

なお、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、オンラインでの開催となります。

概要

日時 2021年 5月30日(日) 13:00~16:00
形態 オンライン(Zoom ウェビナー)

スケジュール

12:50~ 受付
13:00~16:00

萩原 拓 先生(北海道教育大学) ご講演

研修会資料

研修会当日に使用する資料は準備中です。
ご案内までしばらくお待ちください。

オンライン開催について

  • 参加に必要なURL等については、受付締め切り後にメールにてご連絡します。

  • パソコンでのご参加を推奨します。(スマートフォンやタブレットでも参加は可能です。)
  • インターネット回線が必要です。マイクとカメラは、なくても参加できます。
  • 『Zoom』アプリをインストールして、最新のバージョンにしておいてください。
  • 当研修会への参加に際して、Zoomアカウントを新たに登録する必要はありません。

参加にあたっての留意事項

  • 研修会参加前に、必ず『Zoom』の使用方法や操作を理解した上で参加ください。
    当方では、『Zoom』や機材に関するお問合せには対応できません。
  • 『Zoom』に慣れていない方は、こちらからのテストをおすすめします。
    ⇒ テストミーティングに参加するには(Zoomヘルプセンター)
  • 参加者のパソコン等の性能(CPU等)やインターネット接続回線(Wi-Fi電波が弱いなど)によっては、正常に参加できない場合があります。必ず事前にご確認ください。
  • スマートフォンやタブレットでの操作に関する説明は行いません。
  • 一名分の申込みでの複数名の聴講は禁止です。
  • 録音録画は禁止です。
  • テレビなどの音を消して、静かな部屋で参加ください。
  • カメラはOFFの状態でご参加ください。

参加申込み

定員 480名

※先着順、定員になり次第締め切ります。キャンセル待ちの受付は予定していません。

※他支部の方のお申込みは、東京支部の2週間後から開始します。

参加費 1,000円

※参加費の支払いについては、「イベントペイ」のサービスの利用を予定しています。
詳細は、後日メールにてご案内します。

※お支払いが完了した時点で参加申込みが確定します。

※お振込み頂いた参加費は、返金致しかねますので、あらかじめご了承ください。

資格更新ポイント 3時間の1講義で (1)区分研修会 1ポイント

※研修ポイント付与の反映は、研修会受講から約2週間後となります。

<ポイント付与条件>

下記2項目を満たしていることが必要です。

① 臨床発達心理士資格取得者または臨床発達心理士SV資格取得者であること。

② 日本臨床発達心理士会の会費を2021年度まで納めていること。

申込み方法

定員に達したため、申込み受付は終了しました。

お問合せ お問合せはメールにてお願いします。
下記をクリックください。(東京支部事務局あて)

申込みのキャンセル

お申込み後に参加が出来なくなった場合は、下記「キャンセル受付フォーム」より、必ずご連絡をお願いします。